心身調整所FLUXE(フラクス)は
物理法則を理解し人体にどのような
影響を与えるか把握しています。
そして、あらゆる痛みや症状は
自分と向き合い本当はどうしたいのか?
を自分に問いかけるキッカケであると
考えています。

医療機関や整体への通院という行為も
治る通院治らない通院があります。
答えを言えば、治る人の共通点は
症状をキッカケに価値観を変えたことです。

生活習慣、就労環境、人間関係など
病んでいる人には身体に無理をさせる要因が
必ずどこかにあり、耐えると選択しています。
痛みや症状はそんな無理をさせまいとする
身体からの「おい、お前!間違っているぞ!」
のメッセージです。

自分と向き合い、自らを見つめ直すことは
身体の痛み同様、不快に感じることも
あります。
特に、苦しんで仕事をしているときに人は
自分の感情を殺すことで職務を全うします。
そんな人は自分と向き合うことが苦手です。
仕組みを理解していない人からすれば
奇跡に見えるかもしれませんが、
理屈や仕組みを理解していれば
簡単に変化を起こすことができます。

  1. 身体の歪みを整える
  2. 心の歪みを整える
  3. 明確な自分の価値観を持つ

この3つができている状態で在れば
どんな症状も不要となり離れていきます。

お悩みの方は
谷町四丁目、堺筋本町、森ノ宮で
豊富な実績を持つ
心身調整所FLUXEにお任せください。

代表紹介

みなと  つばさ

私は21歳で柔道整復師の国家資格を取得後、
実践で活用できる技術を手にしたとき、
「これであらゆる人を治せる!」
と息巻いていました。

意気込みも相まって様々な
重症の方を改善させてきました。
ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、寝違え、
頭痛などは良い例です。

ですが、早々に症状も消えて卒業する
人の中に少なからず、
長期にわたる施術を必要とする人がいます。
年齢は20代~40代という若さであってもです。

更に、長期にわたって施術を必要とする人は
身体の検査上や評価基準からすれば
卒業していく人よりも健康である
という結果が出ます。

そして僕は日々患者と向き合い
10000時間を超える実践の中で、
心と身体の関連性を理解できました。

「人間は、あろうとする姿になる」

それが私の答えでした。
長期にわたって施術を必要とする人は
施術が必要な姿であろうとしているのです。

それに比べ卒業していく人は
卒業していく姿であろうとしています。

そして私は多くの人を健康にする
先生であろうと決めました。そのために

心・身体・環境に変化をもたらす
セッションと施術を提供することにしました。

限りある人生の中で本気で自分と向き合う
大切な時間を過ごしていただけます。

自分と向き合う機会を作ってください。
真剣に悩むあなたを僕はいつでも
お待ちしております。

当院は身体の耐用年数を引き上げられます